今でもたまにグダる日記

日常などをつれずれまったりと。書いてるうちに訳がわからなくなるのはもはやデフォルト。

# 最近の記事

# Twitter...A @aramasa2

Twitter < > Reload

VALKYRIES DOWN THE RABBIT HOLE 1949 感想(コミティア110)

サークル『ウツテンカイ』さんの『VALKYRIES DOWN THE RABBIT HOLE 1949』を読んだので感想。こちらのサイトから購入可能。
ウツテンカイ - BOOTH(同人誌通販・ダウンロード)

例によって感想は追記で。

いわゆる架空戦記。1949年、山形が各国の代理戦争の舞台。ストーリーの大筋は、イスラエル代理のシャローム学園とソ連代理のヴォルクグラード学園との抗争の様子をインタビューに答えるという形で主人公が語るというもの。めっちゃ人が死ぬ。不必要なまでに。
視点がころころ変わる群像劇という印象だが、視点が変わるとたいてい死人がでる。専門用語と武器固有名が多くてだいぶ難解だけど、勢いでなんとか。主人公の回想=生存が確定しているため、ストーリーを追う楽しみはないけど戦闘描写そのものは熱い。

でも一番凄いのは、この世界観を作者自分の中でしっかり構築して長編で完結させているということ。死人が出るのが印象的だったけど、決して世界観を逸脱せず纏まっている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


# ブログ内検索

# FC2カウンター

# ブクレコ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。