今でもたまにグダる日記

日常などをつれずれまったりと。書いてるうちに訳がわからなくなるのはもはやデフォルト。

# 最近の記事

# Twitter...A @aramasa2

Twitter < > Reload

信州上州湯巡り旅行記:4-2

ダムから街に戻り、四万温泉郷を散策。

130323_2_1.jpg
ダムの近く、街の中心からちょっと離れた共同浴場。この日は朝風呂に入ったような妥協したような確か入った。うん、入った。ので、スルー。ちなみにここが四万温泉発祥の地で、それもあって共同浴場やお堂があるそうな。

130323_2_2.jpgこれは何かというと、日向見薬師堂。茅葺きのとっても時代を感じさせるこの建造物、国指定重要文化財。この街全体に言えるのだけど、時代に取り残されている感じが凄まじい。ちょっとやそっとじゃ田舎暮らしの人間は驚かないけど、こ、ここは凄かった。

130323_2_3.jpg
由緒正しきお堂の近くにある足湯。こちらももちろん無料。左奥に見える赤い丸ポストは未だに現役。温泉で暖まっても良かったのだけど、昼頃に眠くなってくるのと散策前に帰りたくなるので我慢。これなら朝風呂に入らないでも良かったかな、と思ったり。
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:4-1

3月22日(金)

今回の旅行はスタートゆっくりのまったり旅行。温泉だしこれくらいゆっくりでもいいね、というノリで。

まず向かったのは四万川ダム。と奥四万湖。手前に四万湖があるので奥四万湖。

130323_1_1.jpg
見ての通り、雄大な景色と青い湖。中々いい景色。土砂崩れだっけか冬季通行止めだっけかでぐるっと奥まで回る道がふさがっていたのが残念。そのせいで、似たような写真ばかりになってアップできない。

130323_1_2.jpg
逆側。足元にあるのが発電施設で、真ん中が多目的ステージ的な何かっぽい。たぶん。奥にあるのが温泉街。川に沿った山間の温泉街、というのがよく解る。

130323_1_3.jpg
引いて撮れば雄大な山々。マジでグンマーすげぇ。未開の地とかいっちゃだめだよ、未開だからこそいい的な味。四万は更にノスタルジックというか未開具合に誇りをもってる節すらあったけど。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:3-11

四万の街を歩いたよ。
で、ひでー写真を撮ったよ。

四万の街はぶっちゃけ街灯とか殆どなくて、歩く分にはいいけど写真が(ましてやコンデジでは)到底撮れないような暗さだった。この暗い感じが如何にも幽霊出てきそうな素材に使えそう。

130322_10_1.jpg

で、明るいところでの写真はまた後で出すと思う。ここ、千と千尋の神隠しの湯屋のモデルになった、と言われている旅館。ここの根拠は橋。たぶん、橋が映った写真をアフィリエイトで見つけてくると思う。後で頑張る。ゲームの背景で使えそうだけど、単体でみたら「なんじゃこりゃ」な写真だね。ま、そんなんでもいいか。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:3-10

今日の宿は 四万温泉ながさわ旅館。四万の街については次の日に。夕暮れ時でそんなに回っていなかったのと、撮った写真が壊滅だった。草津はまだマシと思える程度の写真しかないから、うーん。その辺の街の印象はおいおい。

しかし、部屋の写真を撮り忘れる失態。この旅行で泊まった3ヵ所のうち、この部屋が一番広くて内装が良かった。

あとご飯。ここのご飯は温泉で炊いているらしく、なんか美味しかった。水が湧いているだか温泉が湧いているだか。何れ、ここの温泉は飲めるものだったはず。

飯を食った後でちょっと歩いたのだけど、そこら辺はまた今度。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

インプレッサ来たよ!

IMG_20130519_171343_リサイズ

というわけで、ついに新車が届きました! 2月に交渉初めて3ヶ月、GWを挟んだからだと言い訳されたけどぶっちゃけ煽ればもっと速くきたんじゃね? とは思う。

1時間くらい走った感想
・50リットルもタンクに入る
・アイドリングストップで停車中が静か
・というか震動すくない
・加速は思ってたより大人しい
・エンジンブレーキが心許ない
・4人乗せてもさほど変わらない
・気がついたら速度が出ているので運転に気を遣う

テーマ:日記 - ジャンル:車・バイク

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:3-9

今回の旅行の中で一番の秘境っぽい所。その名も黄金の滝


130322_9_1.jpg
そんなに大きくないのだけど、なんか妙に味のある滝。アクセスが悪くて人の入った跡が殆ど無い。足元も悪い。雨上がりだったら地面がぬかるんで怪我しそう。

130322_9_2.jpg
ちょっと引いたところから。ところで、何が黄金の理由は周りの岩盤。確かに若干、黄色がかってはいたのだけど、暗かったしこのコンデジじゃーねぇ。うーん。面白かったんだけど、この写真じゃイマイチ。

130322_9_3.jpg
下流はこんな感じ。熊が出てもおかしくない雰囲気。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:3-8

榛名神社を出る時に甘酒やらお茶やらを飲んでまったりしていたら、ロコが菩薩モードに突入した。そんな菩薩と次に向かったのが、高根展望台

130322_8_1.jpg
伊香保の街を一望する展望台。温泉の街と紹介されているし実際に温泉宿もたくさんあったのだけどまた今度ってことでスルー。町中をちょっと走ったんだけど、確かに坂ばっかりだった。夜景もきれいらしい。

130322_8_2.jpg
なんとか山。展望台には丁寧に写真付きで説明してくれていたんだけど、忘れた。赤城山とかその辺。頭文字Dの舞台だなやっぱと思いながら眺めていたけど、この展望台も登場していたそうな。しらなかった。

130322_8_3.jpg
なんか一本だけ青々とした元気なやつがいたのでパシャリ。1枚目に映り込んでいるほど自己主張が強いのは玉に瑕。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:3-7

榛名神社の本堂と御神体。

130322_7_1.jpg
この写真を撮るまでが長かった。緩い上り坂を大体1時間くらいかけて歩いた、気がする。時間はちょっと覚えてないけどそれくらい掛かったような気分になった。

130322_7_2.jpg
で、本堂。やっちまった感じが否めないというか、うん、やっちまった。とはいえせっかく撮ったのに使わないのもあれだし、紛らわしい角度の写真でお茶を濁すのもなんかあれだし、迷った末にこんなクソみたいな写真を公開する訳です。興味がある人は登ってみてね。

130322_7_3.jpg
これも酷いね。御神体の御姿岩。綺麗な幣がささっていたから、やっぱり誰かが定期的に登ってメンテしているみたい。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:3-6

参道を登ると、そこは山というか崖というか、なんかすげー感じだった。

130322_6_1.jpg
いかにも「山を切り開き開山しました」というような。完全に岩をくり抜いて道にしちゃってる。神社だし、やっぱり高い方が神様にも見て貰いやすいとか、山があれば登るとか、そんな感じなんだろうね。

130322_6_2.jpg
高い岩が割れていて、なんかすげー景色だった。もろ逆光でどうしようもないけど、つまりすごい景色だったんだよ。

130322_6_3.jpg瓶子(みすず)の滝。このでっかい岩を瓶子岩と読んでいたことから名付けられたそうな。へいしでもびんこでもないらしい。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:3-5

130322_5_1.jpg
参道には色々なものが。こんな感じで七福神像が唐突に出てきて、当然ながら七体ちゃんと数えたけど全部写真に撮るのは面倒だから1枚だけ。本当に七体あったのか、一部欠けているか、あるいは何かダブっているかは俺には解らない。数えてないし。

130322_5_2.jpg
参道は散歩日和。歩いている人も居るけど少ないし、天気はいいし。そのせいと歩きながら撮ったせいでピンぼけ写真が大量にあって半分くらい使えない。嫌な予感はしていたんだ。山を登る過程で日差しは更に強くなる。

130322_5_3.jpg
上の写真、つまり参道の右脇に沿ってこんな川が流れていた。この景色も良かったのだけど、良かった景色に限ってピント問題があったり。補正すりゃいいんだろうけど、写真に求めるのはブログのネタくらいで手を掛けようって気にはならないんだよね。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:3-4

最近、パワースポット巡礼が流行っているというので榛名神社へ。パワースポットっていうけど、昔から断崖絶壁や山頂に神社や寺などを建てているわけだし、昨今の流行りでもなんでもないというのが俺の意見。

130322_4_1.jpg
榛名神社前の榛名湖。榛名富士を眺めて。湖は、割と普通でした。

130322_4_2.jpg
榛名神社の鳥居。ここは鳥居から本堂まで遠かったのと、景色が良かったので写真多め。ちょうど天気良かったしね。

130322_4_3.jpg
参道はちょっとした散歩には持ってこい。背の高い木が多くて、日差しが柔らかかった。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:3-3

吾妻峡ラスト。さっきのと別の場所から撮った写真。

130322_3_1.jpg山を写しているというか、空を写しているというか、そんな感じのやつだと思う。民家? があったのがちょっと気になった。

130322_3_2.jpg
渓流と周りの寒々しい感じ。オフシーズン補正はでかいね、写真にして思うと。荒々しい感じが出ているのは良かった。

130322_3_3.jpg
なんかでかい松があったので。たぶんそういうことだと思う。グンマーまじスゲー。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:3-2

出し惜しみした、渓谷の写真3つ。

130322_2_1.jpgこんな感じの青緑色。エメラルドブルーってやつでいいのかな? 


130322_2_2.jpg引いて撮った様子。荒々しい渓谷と無骨な鉄橋。殺風景な感じが何となく好き。緑が萌ゆる季節だと違うだろうけど、これはこれで印象的だった。


130322_2_3.jpg
反対側の様子。河原の白とコンクリートの白。冬場はこの感じでも有りかと思うけど、夏場とかに見るとがっかりするんだろうな。写真に疎いから勘でものを書いているけど。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:3-1

3月22日(金)

朝はなんかぼんやりしていたらしい。そんなに気負って出発したわけではなく、普通にまったりとしていたみたい。

今日最初に寄ったのは吾妻峡。森を見るにしてはちょっと早すぎたけど、それでもなかなかのもの。知らなかったけど、国指定の名勝地らしい。

130322_1_3.jpg
橋の下はこんな感じ。渓流の写真は明日。

130322_1_1.jpg
遊歩道が整備されてぐるっと回ってこれるようだったけど、歩いたらとても良い運動になりそうだったので運動不足の俺達はパス。いつものこと。

130322_1_2.jpg
建設中のダム。「八ッ場ダム」といえば名前ぐらいは聞いたことがあるかと。完成したとしたらかなり巨大なダムになりそう。俺達が歩いて写真を撮った場所も水没するのかな? なんかしそうな感じだった。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

# カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2013年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


# ブログ内検索

# FC2カウンター

# ブクレコ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。