今でもたまにグダる日記

日常などをつれずれまったりと。書いてるうちに訳がわからなくなるのはもはやデフォルト。

# 最近の記事

# Twitter...A @aramasa2

Twitter < > Reload

信州上州湯巡り旅行記:2-7

写真はないけど、ミサゴペンションについて。せっかく泊まった宿なのに何も書かないとかつまらないし。

お料理は美味しかったです。ただ、昼飯は抜いても良かったかなと。だけど昼飯食いたいと言ったのは俺で、つまり自業自得。泊まった3件はどこも飯が多かったなぁ、値段の割に。大丈夫なんだろうかと勝手に心配。

ここの温泉は、思っていたより硫黄がきつくなかったし透明なお湯だった。露天風呂と石風呂に入浴。どっちも風情があってよかった。檜風呂は人が入っていたので断念。入る時は貸し切り風呂として使えるので恋人とかと行けばぴったり。男2人だと寂しかったよ。着いた時は暗かったので足湯には入らず。

泊まったのは和室だったはず。自分達で適当に布団をしいて就寝。
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:2-6

草津の中心街、湯畑観光。

結論から書くと、良く撮れませんでした。

130321_6_1.jpg
湯畑の上から見下ろしてみる。プラス思考で考えれば、湯気で曇っているほうが雰囲気出てていいし暗いから映えるしピンぼけしてても言い訳つくし寒いって解るしお湯が熱いのも解るし。うん。

130321_6_2.jpg
湯畑の周り。ここの温泉街は、それ一つがテーマパークみたいになっている印象。風情はないけど、欲しい物は一通り手に入ってとても便利。あと、リア充だらけで泣きそうになった。友達と来るにはいいんだろうな。

130321_6_3.jpg
管。最初何かと思ったけど、沸いたお湯を冷やすためのものらしい。なるほどね。コレしかピントが合っているように見える写真が無かった。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:2-5

滝を見終えた俺達は宿に。

この日の宿泊先はみさごペンション。宿の前に看板犬がお出迎え。後でアフィリエイトのリンク張る。ペンションの写真は本気で忘れてた。

確か着いてだらりとして、「今回はそんなに多くないな良かった」と思ったらやっぱり結構な量の食事が出ておいしくいただきましたとなったのは覚えている。醤油ベースの寄せ鍋。フライ。今回の反省点をあげると、昼飯が多すぎた。なんだろう、ボリューム多くてつい食い過ぎる。

で、この後暇になって何かのくだりがあって(忘れた)、俺一人歩いて湯畑に向かったら車で来たロコのほうが先に着いてたりした。写真とかその辺はまた明日。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:2-4

そろそろ良い時間になったところで軽井沢あたりで昼飯。知らなかったけど、嬬恋って北軽井沢といって群馬だったんだってね。軽井沢=長野だと思っていた。知らないもんだ。

で、とある店で昼飯を食ったんだけど色々と情報が見つからないので割愛。るるぶに乗ってたけどインターネットで情報を探し出せなかったんで妥協。アフィリエイトで探せばあるかもしれないけど、又の機会ってことで。

日が傾きだした頃、白糸の滝に到着。前にも行ったことがあるね、白糸の滝。それとは同じ名前の別物。

130321_4_1.jpg
こんな感じで、細く長く色んな所から落ちる滝はだいたい「白糸の滝」と名付けられるらしい。この日は時期が悪くて殆ど人は居なかったけど、シーズンには車が止められないほど人がくるそうな。

130321_4_2.jpg
で、高さはないけど横70メートルもあったらしい。リンクに書いていた。その分も撮ったんだけど、いかんせん時間が悪かったか曇ってたのか、日当たりが悪い。で、すっげー暗い。うっかりフラッシュたいちゃって真っ白になっちゃったんだ残念。

130321_4_3.jpg
さすが軽井沢。山の上で寒かったと思ったらまた残雪。季節の移り変わりを感じる写真が多いね今回。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:2-3

長野を抜けてやってきました群馬県。

130321_3_1.jpg

で、群馬県と長野県の県境付近で撮ったどこかの山。どこだろう。

130321_3_2.jpg
ご覧の通り、綺麗に晴れ渡った清々しい天気。さすが群馬。未開の地とか散々言われてるけど、自然は雄大だった。そりゃ群馬扱いされるわ。

130321_3_3.jpg
山がコンデジでもそこそこ綺麗に撮れてる。いいこった。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

プチ改造

外から解るのと、見る人にゃ関係ないのと。

・タグ追加
旅行カテゴリがめちゃくちゃ多くなってしまったので、旅行記事だけはタグ分けしようと決意。面倒だから今回からのぶんだけ。旅行だけでも300だろ? 面倒だってこれ。過去の旅行を見たかったらホームページを見て下さい。これで俺の手間も少し省けるといいな。

・edit
一番下の、コメントの隣にこっそり追加。情報ソースはこちら
FC2ブログで記事の記事用リンクを付ける方法
これ便利だ。タグやカテゴリをよく付け忘れるからちょっと直すのが楽に。
 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:2-2

道中でいつもの滝見物。菅平の外れにある唐沢の滝に立ち寄り。


130321_4.jpg
これは国道沿いにあり、山道なので事前知識が無いと見落とすかも。小さな看板があって道路からだとギリギリ見えない、ような気がした。車を降りて少し歩いたくらいでこんな感じ。

130321_5.jpg
ちょっと近付く。冬靴だから雪自体は大丈夫だけど、天気が良くてぬかるんでいたため、ある程度まで近付いて妥協。さすがに足元が悪い。迫力ある滝だったたからこの距離でも満足したという裏事情。

130321_6_a.jpg
清流。こんな川だったんですよ。残雪残る妙な味わいが良かった。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

さらば親知らず

結婚式までの憂いを取り除くため歯医者へ。先々週に片側を抜いて、もう片方を今日抜いてきた。元々は口の中にできものが出来ちゃって、それを見て貰うはずだったのにどうしてこうなった?

そしてできものはまだ治っていない。

29日に結婚式があるので、それまでには完治しておきたいところ。でも、できものは治りそうに無いなぁ……。
 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:2-1

3月21日(木)

木曜の朝はまったりスタート、らしいよ。この日はかなり冷え込んでいて、車にうっすらと雪が積もっていた。確か大寒波が来ていたらしくて、東北地方大荒れ。今回はいつもより移動距離が短いので、日が照って暖かくなり始めてから出発。

130321_1.jpg
通行止めの関係で菅平を経由して草津方面へ行く事に。その途中の国道からの風景。石碑には須坂市仁礼柳清水とか書いていて、じつはあの水は飲める水だったとか知ってたら写真撮ってないで飲んでたよ。

130321_2.jpg
まー知らなきゃよかった衝撃の事実とかはいいとして、雪が積もって空が晴れて如何にも初春という写真と、なんか冬なのに腫れるとかずるいわーという写真と、長野っぽい広大な感じを撮りたかった。

130321_3.jpg
ということにしておこう。空とか山とかは好きだけど、アスファルトや電線の無機質で生活感のある感じも割と好き。別に、人間を撮るのが嫌いなわけじゃないけど。男2人で撮った旅行の記念写真なんて、寂しいだけだろうがといつも思うしいつも言ってる。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:1-8

女将さんとだべりながら飯を食い終わり、もっかい渋温泉へ。

130320_yor3.jpg
夜の温泉街。ここは街灯も多くてきれい。まんじゅうの一つでも買えば良かったのだが、どうせ草津で買えばいいやと思って買ってなかった。1つ買って宿で食べるとかいう頭はなかった。足りてないねその辺。

130320_yor1.jpg
金具屋・斉月楼。お立ち台の横にかけられた立て札によると、昭和八年から三ヶ年かけて立てられた物で、釘を使ってないそうな。見た目からして『千と千尋の神隠し』のモデルになった、といわれている。らしい。確かに似ている。でもこの後、またモデルになったと言われている所にもいくんだな。

130320_yor2.jpg
ここは足湯が涙出るほど熱かったり(通りで蛇口があるわけだ)モンハンとコラボしていたりとなんか色々とインパクトがあったなぁ。一番のインパクトは女将さん。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:1-7

渋温泉を見て回った後、旅館に戻って食事。

なのだが、ここの食事が中々凄かった。まず、単純に量が多い。食えるのか、これ? と2人で思案。少なくとも老人には食い切れないだろう、いやいやそこは加減するんじゃないか? いやそんな面倒しないだろう等々。

で、これが色々上手かった。飯の写真をじゃらんのアフィリエイトで入手するという技を編み出したので後で編集する。見たことないけど食ってみたら美味しかった、てのが何品か。あと、春のふきのとうやタケノコが美味しいです。冷める前に食わなきゃいけないという時間との勝負。なんで飯なのにこんな大変なんだ。

で、俺達にしては珍しく女将さんと絡む。というのも、この日はたまたま俺ら2人しかいなくて暇だったらしい。本人が言ってた。で、色々としゃべった。単純に喋り好きな人だった。時間をかけてなんとか飯を食い切った。こういう旅館に泊まることって少ないんだけど(主にコストの関係で)、中々インパクトのある人だった。

写真撮ってないけど晩飯の内容をメモってた。
・しゃぶしゃぶ
・天ぷら
・山芋を煮たやつ? よく解らないけど美味しかった
・カボチャに入ったカボチャグラタン
・そもそも食事部屋が隣の空き部屋で、限りなく貸し切り状態

とはいえ、食事中に女将の顔を撮るような趣味が無かったので写真はなし。アフィリエイトで誤魔化そう、あれ便利だ写真として。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:1-6

宣言通り、渋温泉の温泉街散策。


130320_sib4.jpg
昨日の写真から1つ奥に入ったらこんな感じ。道幅は狭くて、一方通行。旅館送迎用のマイクロバスがやっとなんとか通れる程度、だらっと歩くには丁度良い。とはいえ、ちょうど晩飯食うかその前に部屋でだらりとするか風呂入るか、といった微妙な時間だったので人影もなく。

130320_sib5.jpg
今回泊まった宿、というか温泉街はどれも特色があって、ここ渋温泉は『絵に描いたような鄙(ひな)びた温泉街』という印象。無料の卓球場とか、それアニメの話じゃないの? って思ってたもの。まんじゅうやがあったり酒屋があったり。この時は特に買い物しなかったけど。


130320_sib6.jpg
一つの反省として、同じような写真になってしまった。同じ通りを写してるんだから仕方ないけど。個人客向けの旅館が多いのがこの温泉街の特徴、だってやすらぎの女将さんが言ってた。その辺りはまた明日。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:1-5

今回泊まる宿は湯田中温泉だけど、近くに渋温泉があったからちょっと寄り道。

130320_sib1.jpg
渋温泉の特徴として、大きな川(横湯川)に沿って温泉街が広がっている。そんな訳でまずは川から。街の中については明日。主に写真の都合。

130320_sib2.jpg
川沿いの通りが一番広く、それでもこの通り。時間が6時近く、明日は平日ということもあって、人影はまばら。時々バスが通るくらい。

130320_sib3.jpg
橋の写真もう1枚。川と橋も綺麗だったんだ、良いところだったよ。町中についてはまた後で。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

信州上州湯巡り旅行記:1-4

志賀高原をもーちょい散策。

130320_thr1.jpg
田の原湿原、と書かれていた看板があった雪原。楽しそうなスキーヤーを撮ってもしょうがないけど、なんかこう、代わり映えのない写真を撮ってるのもまたどうか。うーん。

130320_thr2.jpg
木戸池温泉ホテルの前にあった池、だからこれが木戸池じゃないかな。凍ってるけど。歩けそうだよねこれ。

130320_thr3.jpg
端っこが溶けてきているから歩いたとして大惨事になると思う。ちなみに木戸池温泉には寄らず、どっか別の所でコーヒーを飲んだんだけど、さてさて何という名前だったか忘れちゃったな。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

# カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2013年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


# ブログ内検索

# FC2カウンター

# ブクレコ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。