今でもたまにグダる日記

日常などをつれずれまったりと。書いてるうちに訳がわからなくなるのはもはやデフォルト。

# 最近の記事

# Twitter...A @aramasa2

Twitter < > Reload

6月の収支報告

5月分が下書き投稿だったの気付かなかったよ。

目標総額:1,000,000
繰越額:12023

5月の収入総額:1000

内訳:
マクロミル:1000

総収入:13023
目標まであと:986977

感想:
なんかあっという間に6月が終わった。会員登録とかを特に何もしないでだらっとした結果がこれだよ! マクロミルは凄く安定感のある副業でいいのだけど、やっぱり油断とか良くない。もっと気を引き締めて頑張ろう。しかし、もう新規加入キャンペーン系は出尽くした感じ。これ以上のクレジットカードや口座開設も考えていない。さてさて、どうしましょうか。
マクロミルへ登録マクロミル
スポンサーサイト
 | ホーム | 

ジェッド_Unlight考察

jed.jpg
スラムの王。なぜかターバン。このカードだけ見るとイケメン少年なのだが、戦闘中の正面絵を見ると結構な露出をしているように見える。ヘソ出し膝だし謎ポーズのおしゃれさん。

続きを読む »
 | ホーム | 

だらだら

ここ最近のダウナーっぷりを回復すべく、ただひたすらやりたいようにだらりと過ごしたら休日が無くなって土曜日も無くなっておいこれブログネタに困ったぞどうしようか。そして1時に至る。

6月中に終わらせたかった新作小説はやる気不足と手探り進行で遅遅として進まず。頭の痛い問題は山積み。同時並行処理出来るほど器用になりたいと思ったけど生まれて5年目くらいに諦めたスキルだから今更つかないだろう。せめて自分で決めた締め切りくらいは守ろうぜ俺。

7月からはデバッグと修正を本格的に始めたいし、公開向けにまた吉里吉里の勉強をしないといけないなぁ。明日からがんばろうっと。
 | ホーム | 

戦う司書と黒蟻の迷宮

山形石雄著。

アニメにもなっている『戦う司書』シリーズの3作目。今回の敵はなんと武装司書。ということで同士討ちの話なのだけど、前半で裏切った武装司書の強さや異常性を引き立たせ、後半にその人となりについて敵である神溺教団の目を通して語られるという、中々面白い構成。あーこういう切り口もあるのかと素直に関心したし、話の流れ全体として切なくも熱い戦いが繰り広げられたり。この人の構成はすげーしっかりとしているし、使う言葉が下手に装飾せずストレートに響くいい文章。このシリーズは久々に集めようと思って集めている。


【送料無料】戦う司書と黒蟻の迷宮

【送料無料】戦う司書と黒蟻の迷宮
価格:580円(税込、送料別)

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

 | ホーム | 

Unlightで50枚ドローしてみた


7.jpg
タイトルに偽りあり。前にやったときよりずっとパワーアップしたよ!


メイキングは追記の方で。
続きを読む »
 | ホーム | 

夏風邪

ここ数日、集中力が続かない。今に始まったことじゃないけど、たぶん季節と寒暖でやられている。精神的にも色々と、まーちゃちなことだけどこれでナイーブなのでもろ身体に出るんだよね。深刻にならないけど、精神的に動けなくなる。寝れば治るけど、せめて八方塞がりじゃなくて突破口ぐらいは欲しいよね。

とりあえずグルグル回っている行き場のない思考をクリアにしたい。切っ掛けでも出来たら寝る。
 | ホーム | 

ネタも尽きたところで

やっと平常運転。

といっても、特筆すべき出来事といえばサイトの更新の目処が立っていないくらいで、逸れすらいつものこと。あとは、読んだけど感想を書いていない本がたくさんあるからそれも消化しないと。旅行ネタはよくひっぱれたなぁ。

小説は、実はちまちま書いているのだけど実にちまちまと書いたためまだ半分も出来ていない罠。しかもいつものごとく、山梨落ち無し意味なし。んー、それじゃダメなんだけど、あっと驚くオチって難しいねぇ……。リハビリってことで前向きに考えている。


明日からは本の感想。それが終わったらUnlightネタ。かな?
 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_7-4

表参道をフラフラ歩いた後は。

特にやることなくなってネカフェ行って東京駅でフラフラしてました。

ということで写真も尽きてネタも尽きたので今回の纏めと反省。
はとバス:楽しかったけど後半に爆睡。これ、夜行バスで東京に着いた初日にやることじゃない。だけど、初日ってか夜行バスで移動した当日って、心底やることがないんだよ。
上高地:めっちゃ歩き疲れた。コートだけだと寒かった。でもダウンジャケットを持って行くと容量オーバーになるから無理だった
し、スノートレッキングも同様。スニーカーは無謀だったけど、そもそも雪山に行くのが無謀だったよ!
飛騨:白川郷はいいネタになりそうだと思ってめちゃくちゃ写真をとった。今度は飛騨もゆっくり見て回りたい。ところで、申請した宿泊費補助は通ったのかしら? 今度から申請する分は自分名義で予約します。
その他;色々楽しかったけど、反省することなんか覚えてないな! 今回も楽しかった! いい旅でした!

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_7-3

明治神宮の本殿の方も。

と思ったけどブログ掲載候補に入れてないやこれ。写りが悪いのと、よくみたら写真を撮らないでと書かれていたからか。ちゃんと手を洗って三回お辞儀して手を叩いてとか色々やって金運上昇を願ったけどそういやまだ実感がわかないな。そろそろ明治神宮からの強力なパワーが来るはずなんだが。

20110506_omot.jpg
せっかくなので表参道を散策。平日なのにたくさんの人。さすが東京! とか思ったけど、俺みたいにこの日も休みになっていた人も当然いるだろうな。なんかおしゃれな町なのでふらっと入ってさらっと良い感じの服を見つけて……とかやりたいけど、田舎者ってだけで気後れする僕みちのく出身。

20110506_hara.jpg
表参道から一本入ったどっか。ここら辺の町並みがすごい良かった。歩いているだけで楽しい。どうせならさらっと店に入って良い感じに服を買って帰りたかった。服を選ぶのが苦手。あと、財政的危機を抱えていたので仕方ない。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_7-2

明治神宮散策中。せっかくなので御苑(ぎょえん:ごえんじゃないんだね)にも行ってきた。

20110506_gyo1.jpg
厳か、というよりもはや鬱蒼と生い茂る森。こんなところで堂々とラノベを読んでみたい。エロ本でもいいや。ジャンプくらいならハードルが低すぎて逆につまらなさそう。天気もあるけど、東京でこんなに暗い場所があるんだって驚いた。

20110506_gyo2.jpg
池。菖蒲とかも見たには見たけど、シーズンでは無かったから池の写真をチョイス。鳥が泳いでいて中々厳かな場所だと思っていたら、パン屑を投げていた人の前に鯉がバシャバシャと群がる様が何となく興ざめ。いや、そこらにいる真っ黒なやつじゃなくてちゃんとした高い錦鯉ってのは解るんだけどさぁ。なんてか、ねぇ。

20110506_kiy.jpg
戦国時代の武将、加藤清正が自ら掘ったらしい井戸。の写真を撮りたくて並ぶ人達。シュール。いや、ただの井戸だろうよ。予想以上に人が並んでいて笑った。

20110506_id.jpg
しかし面白いのは、公式HPで「本人が掘ったかは不明」とばっちり記載されている点。歩いているだけで種々の武勇伝がついて回るような人だったのだろう。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_7-1

5月6日(金) 最終日。

この日はまるっきり予定が無かったので、東京駅に着いてからどこに行こうか考える。で、考えた結果、明治神宮に行こうと思い立った。きっと天啓。

20110506_tori.jpg
鳥居。でけぇ。何これすでに中二病心をくすぐるんですけど! でかいってだけでありがたいよね。東京の鳥居は中二病でいっぱい。違うか。正月は初詣のメッカらしいけど、どれだけ人が集まるのだろう。数を書かれてもピンと来ない。


20110506_tar.jpg
奉納されていたお酒。我らが地元のお酒も奉納されていた。奉納でいいのか? 上納? 参拝道の両脇は背の高い木が青々と茂っていて涼しかった反面、思いっきり日差しを遮られてこんな感じに。残念。

20110506_win.jpg
反対側。こっちはワイン樽がずらり。酒はこんなものではなかったけど、良い感じの写真が取れなかった。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_6-3

迅さんと上野散策。

アメ横のなんとなくジャンクな感じは好きでちょくちょく行く機会があるのに、実はちゃんと遊んだことがあまりなかった。服を選ぶのも苦手だし。でもなんか良い感じの雑貨屋で良い感じのおもちゃを発見。
omiya.jpg
手裏剣。あるいは、スリケン。せっかくなのでさるぼぼ人形にも写ってもらった。日本にある手裏剣じゃなく、洋トイくさい感じがいいのですよ。アメ横とあまり関係ないけど、関係あるものだけを買ってもつまらん。

20110505_torii.jpg
教えてもらった、中二心くすぐる上野公園の鳥居。一々シャッターチャンスを狙う程の情熱はないのでリア充も特別出演してもらった。たくさんの鳥居が並ぶ神社はいkつうか見たことがあるけど、ここは密度が高くて面白かった。あまり間隔が詰められていると圧迫感を感じて楽しい。

20110505_fox.jpg
鳥居の奥の狐さん。言われるまで気付かなかったけど、左右の狐は片耳が欠けている。向かって右側が左耳を無くしていて、左側はその逆。切り口が綺麗でお互いの均衡が取れているからたぶん意図的。


という感じで素敵な中二病患者2人が中二病を満喫したり科学博物館ではしゃいだりして、飲み屋へ。

前回の雪辱を果たすと心に誓って……!


2時間後。

「二次会どこ行きます?(仕事だから行っても少ししか飲みませんよ的な意味で)」
「すいません、もう飲めないので休憩しませんか?(泡盛は水割りでもきつかったよ的な意味で)」

前回のあまりに無残な敗北+地図を読めなくて迷った午前+疲れの取れてない体+日本酒うめぇwww
が重なり、普通に酔ってました。これ二次会で調子乗って飲んだら寝るってかホテルに帰れないわ。

なんかすっげー暴言を吐いた記憶があるけど、本当にごめんなさい。あと泡盛はきついって印象しか残ってないのでロック頼んでみます。

でもカラオケ楽しかったよ! また遊んでね!


この後は無事にホテルへ辿り着きました。たぶん印刷した地図が悪かった。絶対に地図のせいだ。あと、安いけど微妙に遠いんだよねこのホテル。センターホテル東京。上野拠点がいいかなぁやっぱ。新幹線通るし。今後の検討案件。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_6-2

翌朝、ホテルを出た俺は。

東京駅まで迷った。ツイッターでは東京散策とか意地を張っていたけど、うんありゃウソだ。地図を持っていたけど東西南北が解らないまま歩いていたし。というより、地図を持っていながらあそこまで迷ったのは初めてだったわ。なぜあそこまで迷ったし。そして恐ろしい町東京。

ここで迷うのが軽いトラウマになる。

朝食兼昼食を東京駅で取り、ブラブラ。厳密には、東京駅で迷子。すっげー迷った。改札をくぐった方が効率よく移動できるんだねあそこは。田舎者殺し?

ということで、これといった観光地にいっていないので写真無し。寂しいね! でも仕方ないね!


14時頃、DISCROSSの迅さんと合流。俺の暇つぶし東京観光を手伝って下さいお願いしますというか前回のやらかした分を奢らせて下さいという野望を携え、上野を散策。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_6-1

5月5日(木)

渋滞に巻き込まれて日付を超える。小仏峠? あそこ酷いね。あれだけ広い高速道路なのに完全にストップするとは思っていなかった。ドライバーがマジ切れ気味。あれだけ混んでいたら。

そんな訳で東京に着いたのは日付が回ってから。そして着いてから、焼き肉。なんせ昼飯も夕飯も抜いていたから飯と肉が進む進む。ここで調子にのってビールを煽っても良かったのだが、俺がこの時点で宿無しだったために自粛。


酒の失敗はもうこりごりだぜ! そして焼き肉屋の場所は覚えていない。

さてホテルはどうしようかと考え、とりあえずこの日の夜というか午後に泊まる予定だったホテルへ。ダメ元で聞いたところ、運良く空いている部屋があったのでそこを押さえる。この時、すでに3時くらい。チェックアウトを考えるとあまりゆっくり出来ないけど仕方ない。

ここでロコと別れ、ベッドでゆっくり休む。長い一日だった。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_5-4

今日こそブログ書こうと思っていたら
落雷 → 瞬間停電 → 鯖落ち
のコンボをくらって涙目


白川郷を出た後は、富山に入り五箇山へ。白川郷だけで無く、合掌集落群として国指定史跡になっている所。ガイドブックを見るまで全然知らなかったけどね。
20110504_suga.jpg
ここは白川郷よりも生活感があって面白かった。白川郷は何だか、観光地として進んでいて小洒落た感じ。こっちは、観光を意識しているけど生活感がたっぷり。民宿もいいけど、こういうのも面白い。ロコはつまらなさそうだったけど。

20110504_oku.jpg
こういった合掌造りの集落が残っているのは、中央の役人が入ってこられないような深い谷にあったからだそうな。結果としてあまり干渉されることがなかったから今でもこんな家が残っていて、保存する技術もある。残っているだけでも技術だけでも生活はできないよね。


20110504_oku2.jpg
日が陰るいい時間帯。とっても楽しかった! ちょいと長居しすぎた感じ。実はこの時、昼飯を食い損ねて
いた。めっちゃ腹減っていた。でも結構色々いったし、ここら辺で飯食ってもがっつりしたものないし、
しょうがない東京で焼き肉にするか! ということに。

かなり混むのを覚悟して、高速へ。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_5-4

白川郷の合掌造り以外はこんな感じ。

20110504_has.jpg
駐車場と集落を結ぶ橋。たくさんの人で賑わっていた。であい橋。出会って挨拶する余裕が全くないね。

20110504_sira.jpg
続にいう聖地。絵馬もそれらしいものでいっぱい。俺は知らなかったけどね。

20110504_tenb.jpg
白川郷ラスト。展望台からの綺麗な眺め。なんだけど、左下に手が映っちゃってるね。もーちょいきれいな写真を撮れよ俺。いくら出来栄えを気にしないといってもさぁ。屋根が全て同じ方向を向いているのは、日が昇って降りてくる方向、つまり東と西をむいて屋根を乾かしているため。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_5-3

内部が一般公開されていたのでその写真も何点か。
20110504_rori.jpg
囲炉裏。古民家の定番アイテム。これが1つあるだけで空気ががらっと変わる優れもの。

20110504_syu.jpg
朱塗りの扉。どこの家にも1つだけあった。他は普通の色なのにこれだけ特別な色がしていると、ちょっとわくわく。

20110504_yane.jpg
屋根の内側。ワラを敷いているところの下はこんな感じ。この写真をとった家では2回の天井裏? みたいな場所まで上がれたので、けっこう近くでパシャリ。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_5-2

白川郷、というか民家園の様子。ここら辺の合掌造りの家々は人が住んでおらず、中は資料館として解放中。
20110504_sir2.jpg
人が住んでいる訳ではないので、大きい博物館を歩いているような印象。ちょうど鯉のぼりが登っていていい感じ。


20110504_koi.jpg
こっちみんな。

20110504_kane.jpg
半鐘。集落にはたくさんの消火栓があって、火事には細心の気を遣っている様子。連休というのもあり、すぐ近くまで国道が通っているのもあってたくさんの人が歩いていた。とっても賑やか。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_5-1

5月4日(水)

この日は予定変更とか領収書の回収とかお土産購入とか色々あって、バタバタしながら出発。
20110504_tak.jpg
高崎駅。行ってきたよという証明書。本当はこの町も良い感じだったんだけど、男2人で歩く町じゃねーなという印象。洗練されているというか、観光用に特化しているというか。うん、男2人だとちょっとアレな感じ。

20110504_ent.jpg
そんな訳で、白川郷の合掌集落へ行ってきました。これは駐車場の入り口付近。入り口はかなり広くてバスとかもたくさん出入りしていたけど、かなり待たされた。この日は良い天気だったので、適当に撮った写真でもそれなりに見えると自画自賛。ま、ブログやHPのネタになればいいんだけどね。出来栄えよりも有る無しの方がずっと大事。

20110504_sir.jpg
次回からはこの家について色々と書くつもり。言ってしまえば『ぼろい家』なのだけど、それが良い。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

# カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2011年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


# ブログ内検索

# FC2カウンター

# ブクレコ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。