今でもたまにグダる日記

日常などをつれずれまったりと。書いてるうちに訳がわからなくなるのはもはやデフォルト。

# 最近の記事

# Twitter...A @aramasa2

Twitter < > Reload

5月の収支報告

目標総額:1,000,000
繰越額:8009

5月の収入総額:6014

内訳:
楽天ポイント:3694
げん玉:320
ライフメディア:2000

総収入:12023
目標まであと:987977

感想:
クレジットカードを作ったときのポイントが失効しそうになったので慌てて消化しました。ポイントは4冊の本に変わったのでその本についても追々感想を書いていくつもり。まずは黒蟻の迷宮からかな。あれは旅行先で読んでまだ感想を書いていないしね。ライフメディアも楽天カードだったかな。これは口座かな? いずれにしろ口座とクレジットとばらしたせいでキャッシュカードを持っていないという、面倒なことをしてしまった。まーいいや。遊ぶ金は楽天、貯める金はまた別。




スポンサーサイト
 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_4-4

この後、高山市まで行きました。うん、編集をミスった感じなんだ。何をしたって、ホテル行って晩飯を食っただけだから特に何も書くことがないんだよね。

ホテルの写真はあるけど、普段の俺の部屋ばりに乱雑な感じで、もうホテルに対して大変失礼なので写真に載せられません。改めて思う、自重しろよ俺。

そしてここで予定変更。予定ではここを2泊して帰るところだったのを、一泊に切り上げることに。これにより俺の宿はなくなり、東京で行き当たりばったりの駆け込み宿を探すことに。ついでに暇を潰す何かを探すことに。

どうせなら高山市をもーちょい見てもよかったけど、生憎と今回のプランにはなかったのでまた今度。次があったらゆっくり見て回りたいけど、遠いからなー。次はあるのやら。


そんな感じで4日目終了。
 | ホーム | 

サイト更新

今回もお小遣いサイトについて気付いたことを徒然とまとめ。内容自体はだいぶ真面目に書いているけど、まとまりがない。ま、自分で調べてその結果を書きたい言葉で書くってことが大事だと思うんだ。

来月は小説を書きたいし、ゲームのデバッグも進めたいし、アンケートサイトの纏めと感想も書きたい。やりたいことがいっぱい! 最優先は小説の短編。次がデバッグ終了としてゲーム公開。そこら辺が間に合わなかったらアンケートサイトのまとめとか気付いたこととかランク付け。

再来月かな、旅行記事のまとめは。
 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_4-3

三滝を見終わって、適当に昼食食って、また滝に行きました。

今度はここ、宇津江四十八滝。ここは単純な1つの滝ではなく、遊歩道を歩いて(登って)いけばたくさんの滝があるよ! というような感じで、めっちゃ疲れる。

20110503_utue.jpg      20110503_utue2.jpg
滝はこんな感じ。1つの流れがずーっと上から続いている。この隣をのんびりと眺めながらきっつい坂を延々と登る。滝だからね。普通の滝鑑賞なら車を降りて最初は下って滝見たら登る、て感じだけどこっちはその逆。下から坂を登って上までいくことに。

20110503_utue3.jpg
展望場。すっげー高いところまで登るよ。

20110503_utue4.jpg
渓流も良い感じ。

写真を見れば見るほど、疲れる。そんぐらいしんどかった。みんな、体力は大事だよ!

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_4-2

だいぶしんどくてあまり思い出したくない。

20110503_yuki2.jpg
滝の途中ではこんな橋。いや、橋じたいには雪がなかったけどさ。奥の階段は完全に埋まっていたわけで。そこをコートとスニーカーで強行突破したわけで。実は後ろも同じような光景になっていて。ホント、無茶したなぁ。

20110503_tak4.jpg
足下が見えないってレベルじゃなかった瞬間。三本滝って書いてあったらしいのだけど、看板が埋もれているくらい積もっていた。あー、通りでしんどいわけだ! ずぼって入ったら膝下くらいまで埋まったもんな! 

     20110503_tak2.jpg  20110503_tak.jpg    20110503_tak3.jpg    

三本滝。せっかくだから並べて配置。一カ所からこの三本が見える絶景。雪を超えていく必要なんてなかったけど、引き返せないって怖いことだと心底思いました。滝は確かこういう順番だったはず。ちょっと自信がない。すっげー疲れたけど、無駄に充実感があった。

で、午後はのんびりとするつもりは多少あったけど、そうもいかず。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_4-1

4日目。この日の目的は三本滝。今日は朝食を食べてゆっくり、てか普通に移動。

まぁ有名だっていうからさ、そりゃー見てみたいなと思ったんだよ。でも。

20110503_yuki.jpg

この足下はちょっと間違えたんじゃないかなって思ったんだ。ここまで来たからには引き返せない感じだったのが痛いね。

20110503_pos.jpg
入り口はスキー場(実質はスノーボード場)になっていて、そのレストハウスの隣に添えられていた黄色いレトロなポスト。上の写真でも解るとおり、5月なのに雪が積もっていてまだボードで滑れる状態だった。なんか場違いな感じが色々として楽しい感じ。

20110503_sita.jpg
これだけ雪が積もっていると、せっかくの林道も全く道が解らないという酷い状態に。同じように滝を目指す人達の中にはストックを持っていた人達がいたけど、それって正解でした。コートとスニーカーはちょっと、うん、とっても間違えていたと思うよ。重たいって理由でトレッキングシューズを持ってこなかったことをこの時ちょっとだけ反省した。ちょっとだけ。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_3-6

明神池からは来た時とは別ルートで河童橋へ戻りました。

20110502_hodoh.jpg
こっちの道は整備されて歩きやすいけど起伏が激しいコース。足下に雪がないからずっと歩きやすい。ぶっちゃけ、スニーカーで自然散策するならこっちの道を往復した方がずっと良かった。

20110502_hodoh2.jpg
日差しが出ていたのもあって、こっちの景色はだいぶ綺麗。ただ、単純な距離も長くて起伏もあって、いつになったら橋まで戻れるのか解らないままひたすら突き進むというのはちょっと精神的に苦しい。特に運動不足では。

そんなこんなで橋に戻り、レストランで食事。案の定混んでいた。そして全体的に高かった。さすが上高地リゾート。付け加えると、お土産も全体的に高かった。プリン美味しいです。

上高地を下り、この日最後の滝鑑賞。

20110502_gengoro.jpg
善五郎の滝。この滝は駐車場から近い……と思って油断したらやたらきつい下り(いつものパターン)があってロコの足に大ダメージ。中々の迫力と水量のある滝でした。いやー今日はよく頑張った、明日はゆっくりしよう。滝を見た後はこんな暢気なことを考えたのだけど、それってフラグなんだよね。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_3-5

20110431_myohas.jpg
明神橋。山が映えて綺麗、だったんだろうなぁ。天気悪いしアングル悪いし。この河原でおにぎりを食べている家族がたくさんいて羨ましかった。そういうのを撮っておけば良かったんだろうなぁ。

20114031_sar.jpg
野猿よりずっと撮る価値があったかもしれない。でもこっちで野猿って中々見れないからつい。

20110431_myon.jpg
明神池。ここは神社と一緒になっていたので参拝料を取られた。透明度の高い沼で、手前は浅いけど置くが深いからこんな色合いになっている、らしい。これは大きい沼の方。

20110431_myon2.jpg
小さい方、というかせき止められている方というか。沿岸はこの程度の浅さ。日本庭園のような木々の配置と、取り残された枯れ木。色々と気になる。そういや神社みたいな何かがあったかもしれないけど、金取られたんだし見ておけば良かった。疲れていたけどさ。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_3-4

明神方向へ向けて林道を散策。
20110431_mit.jpg
河童橋から明神へと向かう道は二通りあったので、行きの方。こっちは距離が近くて高低差が激しい……というか、雪が残っていて足場が半端なく悪い。すっげー疲れた。

20110431_sand.jpg
明神橋の近く、明神館前の記念石碑。ここから本格的な登山道と池を見るだけの遊歩道に別れていた、らしい。もうこの地点でかなりへとへと。運動不足の体にはきつい。そんな俺達は登山道の道をちらりと眺めただけで大きく息を吐いたのだった。

20110431_sand2.jpg
明神岳。この石碑と一緒にとればよかったのにね。ぼちぼち腹が減っていた頃だった気がする。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_3-3

20110431_kapp.jpg
上高地名物河童橋。この日もたくさんの人で賑わってました。ロケーションがいいので橋に立ち止まって山をバックに写真を撮る人多数。いい眺めだったよ。

20110431_hdk.jpg
うん、これが一番まともってのもアレだけど。プロのカメラマンがボランティアで写真を撮ってくれていたのだけど、自分1人を写してくれと声を掛ける勇気が無くてすごすごと見送る。撮ってもらえばよかったなぁ。でも恥ずかしかったからたぶん無理。連れは写真を写るの嫌うし。


20110431_kapp2.jpg
橋の両端はこんな感じでお土産屋兼食堂兼ホテルが建ってました。

20110431_kapp3.jpg
反対側。ここが北アルプスの玄関に繋がることもあって、軽いハイキングの格好から本格的な登山スタイルの人まで様々。やっぱりコートで来たのは少数派だった。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_3-2

大正池周辺の遊歩道を散策中。

20110431_yuki.jpg
日陰では雪がまだ残っていた。ぼちぼち日差しが強くなってきたとはいえ、コートじゃちょい寒い。さすが山。すれ違う人達のトレッキングシューズとダウンベストが羨ましい。

20110431_ogwa.jpg
池。か沼。とくにこれといったメモを残していなかったから何を撮ったかよくわからい。水が綺麗。

20110431_yuuho.jpg
遊歩道。川を挟んで二手に分かれている。もう片方は記念碑があったらしいけど、興味なかったのでスルー。

20110431_visit.jpg

観光センター。写真に写っていない右手側はバスターミナル。たくさんのバスがひっきりなしに止まっては出ての繰り返し。なんたって15分間隔なのだから。観光センターの中を覗いておけば良かったなと今になっておもうけど、疲れそうだしまーいいか。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_3-1

三日目。この日は(かなり珍しく)予定時刻に目が覚めたので朝風呂に入り、さっぱりした気分で朝食を取らずに出発。確か6時くらい。朝から上高地入りをして、一日がっつり遊ぼうというプラン。

俺達の体力が続くかが最大の問題点。


20110431_alp.jpg
泊まった宿はこんな感じ。

さて、今回俺達が行った上高地は、通年マイカー規制のため通行の手段がバスかタクシー。タクシーなんてリッチな手段はとれないので、バスで移動。しかしこの早朝に上高地を目指す人の大半はがっつりダウンジャケットを羽織っているわけで、春物コートの俺は何か間違えたのかな? という気分。

まぁ、当たっていたのですけど。

大正池でバスを降り、朝食を取って散策へ。

20110431_taisyo.jpg
この日は黄砂があって、山がぼやっとした感じ。でもなんとなくこのぼやっとしたのも良いのでは無いかと後になって思う。早朝だったし、このあたりではだいぶやせ我慢。

20110431_taisyo2.jpg
池の畔ではこんな感じに、枯れ木が澄んだ水に写っていた。遠くでカモが見えたり見えなかったりの、静かで穏やかな池。

20110431_taisyo3.jpg
これが大正池の印象そのもの。穂高山脈が遠くに見え、手前の池にはぽつんぽつんと枯れ木が立っている。焼岳の大爆発で川がせき止められて出来た池らしい。なんとも不思議な光景。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_2-3

大鍾乳洞を出た俺達は次に向かったのは、銚子の滝


20110430_tyos.jpg
こんな感じの滝。この日は曇りで風が強かったので、やたら水しぶきが飛んでいた。しかも雨まで降り始める始末。滝が近いし迫力があるのだけど、正面から写真を撮れる気なんてまるでしなかった。

20110430_tyos2.jpg
ベンチ。滝の近くに備え付けられたベンチは水しぶきを浴びてとても座れる物じゃ無かった。色々と手を掛けている跡はあるのだけど、メンテはイマイチの模様。


この日と次の日の宿はペンションアルプホルン。ここの目玉は温泉。しかも天然掛け流し! ついに! 念願の! 温泉付き宿!

あ、風呂場までカメラを持って行ったりはしてないよ。
20110430_alp.jpg
ベッドはこんな感じ。温泉宿っぽく、名前の入ったハンドタオルとバスタオルが部屋に備え付け。雑誌はロコが持ち歩いている旅行ガイド。枕元に脱ぎ捨ててあるのは俺の私服。

20110430_alp2.jpg
薪ストーブとビリヤード台とロッキングチェアー。雰囲気たっぷり。しかしビリヤードで遊んだりはしなかったのだった。

料理は美味しかった。いつものように写真が無いけどな! ここの料理は「和洋折衷」がテーマらしく、簡単にいうと「前菜が和食なフルコースのフランス料理」。おひたしとか美味しかった。食い終わった後とかブログで纏めているときには撮ろうと思うんだけど、基本的に食欲って我慢する物じゃないから仕方ないね。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_2-2

次に行ってきたのは奥飛騨大鍾乳洞。しかし、ここがツッコミ処満載だった。色々なものが。

20110430_dou.jpg
まずこれ。鍾乳洞に入る前にあった。日本一宿儺(すくな)鍋だそうです。日本一でっかい鉄鍋。すくなに関しては気が向いたら調べます。洞窟に入る前から突っ込みどころって。

ちなみにこの鍾乳洞、鍾乳洞を発見したらしい大橋さんにちなんだ大橋コレクションという展示場を通らないと入れないようになっている。展示場を素通りしても良いのだけど、「帰ってきた金塊」は必見。どこから帰ってきた? 強盗から。

そんなの見世物にするなよ。


さて鍾乳洞。洞窟の中は龍泉洞よりもライトの量が多いので写真がそこそこ撮れた。

20110430_douk2.jpg
でも、名札を付けるのはどうかと思った。こんな感じで一つ一つご丁寧に名札がついていて、丁寧というかなんというか。

20110430_douk3.jpg
ライトがあるのは良かったけどね。面白い形の鍾乳洞もあったし。龍泉洞とはまた違った趣。

で、一番の突っ込みどころがこれ。


20110430_douk4.jpg
日本一の大きさだそうです。3tだそうな。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_2-1

合流して、とりあえず夜食。だって俺、晩飯を抜いていたのだもの。会って早々(かれこれ半年ぶりくらい)腹減ったというのもアレだが、とりあえずファミレスへ。

飯食ったりダラダラしたりして2時くらいに東京を出発。

いつものように中央道を走り、談合坂で休憩して、諏訪湖SAで車中泊。そこから更に車を走らせ、最初に奥飛騨へ。目的はこちら。
20110430_ooy.jpg
はい、いつもの滝ですね。今回のこれは大湯大滝。ここら辺は一帯が国立公園になっていて、バスにちょっとお金を払えば駐車場から滝まで送ってくれます。まぁ楽ちん! 写真で解るとおり、奥飛騨の山にある滝なので雪が残ってます。めっちゃ寒い。春用コートが俺の命を何度救った事か。


20110430_ooy2.jpg
普通の倍率だと展望台からこれくらいの距離。外国人の観光客がいて賑やか。足湯もあったのだけどやっていなかったはず。入れなかった。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_1-4

浅草を出る頃には疲れ切ってました。そりゃあさ、夜行バスで禄に寝ないで東京着いて、そこから本読んでずっとバスに乗ってだよ。もう限界ですたい。ところで次の目的地というか最終目的地に着いたときにプレモルの200ml缶が配られていたんだけど、あれってなんだったの? 遅れたお詫び?

は、ともかくとして最終目的地はこちら。

20110429_tko.jpg
東京タワー。

しかし、背景を見てもらえば解るとおり、微妙な時間と微妙な天気。雨が降らないだけマシ。こっちだと海は日が昇るところだから、ちょうど都合が悪いんだよね。

20110429_tko2.jpg
今回最後のスカイツリー。窓越しなのでさらに具合が悪い。今回は天気の善し悪しに差があったから、写真もだいぶムラがあります。加工とか出来るんだろうけどやり方解らないんだ。

こうしてはとバスツアーは終了。19時頃に解散して、ネカフェで更に3時間ほど潰してからようやくロコと合流。日付が変わりました。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_1-3

食事の後はここに行ってきました。

20110429_sky.jpg東京スカイツリー。

下町に作るとか浅草に近いとかなんとなく聞いてはいたけど、本当に近かった。そしてでかかった。634メートル。と言われても、ピンとこない。展望台に上ったらきっと違うんだろうな。写真はかなり近い位置から撮ったんだけど、どうあがいてもでかすぎて電線が写った。素人だし仕方ないね。

20110429_sky2.jpg
下はこんな感じ。この日も建設が進んでいました。テナント? 立体駐車場? よく解らないけど、いずれにしろ駐車場は現在ないので作るんだと思う。

20110429_asa.jpg
浅草。写真を撮った後は浅草で自由行動、なのだけどぶっちゃけそろそろ疲れてくる。昼飯をバイキングでがっつりとった後だったのでお菓子を買う気にもなれない。旅行初日なのでお土産も買えない。何かショボン。

20110429_asa2.jpg
浅草からはスカイツリーがこんな感じで見えます。何回かスカイタワーとか書こうとしたのは内緒。

20110429_asa3.jpg
浅草寺。相変わらず人でごった返し。寺や神社は好きだけど、おみくじやお守りを買うのは嫌い。信仰を金で買っているような物だからね。で、金は守ってくれるけどお守りやおみくじは守ってくれないから嫌い。賽銭箱あるからいいだろっていつも思う。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_1-2

国会議事堂を1時間ほど遅れて出発。そんなに混んでいなかったけど、なぜか遅れたらしい。なぜだろう?

次の目的地はこちら。
20110429_tuk.jpg築地市場。たくさんの人で大賑わい。

20110429_tuk2.jpgというか、多すぎ。
はとバスツアーで巡回をしていたのだけど、これだけの人なので20分もしないうちにツアー本流からはぐれたため別行動。どうせバスに戻ればいるんだし。ここでお茶を購入。


昼食は東京ドームシティホテルでバイキング。しかしいつも思うのが、写真を撮っておけばネタに使えるなってこと。いつも思うのが、食い終わった後。空になった皿を写してどうするんだよ俺、と1人突っ込む。何枚か空になった皿を写した写真はあるけどさ、こんなのを見て誰が喜ぶんだよ誰が。美味しかったよ。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

上高地・飛騨旅行記_1-1

はいそういう訳で推定1ヶ月~2ヶ月(経験則)になるであろうGWの旅行記スタートです。タイトルとしては飛騨・上高地の方が口に出して読みやすいのだけど、俺が後から混乱したくないのでこの順番にします。

4月29日(金)

バスに乗る。今回は夜行バス。欲を言えば新幹線が良かったのだけれど、キップを予約した時点ではまだ動いていなかったためどうしようも無かった。しかも今回は飲み会に一次会だけ参加するという暴挙。結果、ほろ酔いでバスに乗り込み。

で、ぐっすり眠れるかって言われてもやっぱりバスなのでちょいちょい目を覚ます。やっぱりしんどい。


4月30日(土)

7時に東京駅へ。この日の予定は10時のはとバスに。つまり3時間のフリータイム! しかし東京で3時間を優雅かつ有効に過ごす方法が思いつかなかったので、スタバでコーヒーを飲みながら戦う司書3巻を読んで時間つぶし。

10時、はとバスへ。というか、東京って人が多いね。
20110429_hat.jpg

ツアータイトルは「2大タワー共演」。勿論タワー以外にも色々行きましたよ。まずはこっち。

20110429_kok2.jpg

国会議事堂。中々面白い話を聞けた。が、内部は写真NGなので外から。しかしこの写真、どうも思った以上に暗くなってがっかり。もったいナス。国会議事堂のベースは70年前に作られていたとか、当時の最先端技術を駆使したとか、中々面白い話だった。高い絨毯の上を歩いたりとか。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

ただいま。

今回は無事に帰りました。いや、普通なんだけどさ。

とりあえず旅行のタイトルが思いつかないので明日辺りから旅行日記開始。
 | ホーム | 

# カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2011年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


# ブログ内検索

# FC2カウンター

# ブクレコ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。