今でもたまにグダる日記

日常などをつれずれまったりと。書いてるうちに訳がわからなくなるのはもはやデフォルト。

# 最近の記事

# Twitter...A @aramasa2

Twitter < > Reload

何も浮かばない

目をつむるとそれだけで疲れるとか、どんだけですか。肩が重い。

思えば今月は体験したことないくらい忙しかったし、色々あったなぁ。連休に寝たはずなのに寝た分を返せと言わんばかりの仕事が送られてくるし。ぶん投げたけど。

本当はもっと色々とやりたいことがあるんだけど、主に気力が足りない。今日はとりあえず試したいことだけやって適度に遊んでさっさと寝よう。精神衛生管理は大事だね!
スポンサーサイト
 | ホーム | 

ざっくり分ける俺的主人公像

というのをふと思いついた。同時に、ネトゲって変わったなーというのも思いついたけど明日には忘れてる。

マンガでもゲームでもアニメでも小説でも良いけど、「主人公」と思われるキャラは大きく分けて4つに大別出来る、と俺は思っている

受動 or 能動 と 主体 or 客体


ここでパッと事例が出ればいいんだけどさてさて、出るかねぇ。書きながら考えよう。

・受動主体
典型的な巻き込まれパターン。巻き込まれは特定のキャラ(=主人公)というよりも複数のキャラ(=ヒロインとその候補など)。最終的に主導権を握ることしばしば。俗に言うエロゲ主人公。割と研究されつくされている。ヒロインがやたら魅力的でかつ1人だと受動客体。

・能動主体
典型的な首突っ込みパターン。ジャンプの主人公属性。強力な主人公補正が入ってHPが跳ね上がったりする。訳があって追っかけ回されるエロゲの主人公はこっち。そんなエロゲやったことないけどな! 等身大よりもヒーロー寄りの性質を持つ。

・受動客体
ヒロインやヒーローがほぼ序盤から常に語り手や視点対象とずっと行動していればこれ。ハルヒでいうキョン。ラグナロクでいうラグナロク。話は眺めている主人公があれこれ起こす。美味しいところ取りとも、腰巾着とも取れる。たまに動いたくらいじゃ主人公は変わらない。

・能動客体
「主人公は空気」「○○に食われた」とかいわれたらこれ。あれこれ動いていたにもかかわらず美味しいところとか物語の鍵は全部他のやつにかっさらわれるタイプ。これってどんな事例があったのかと思って定義を考え直したらいっぱい出てきた。技量不足が大半? 「姑獲鳥の夏」はこれじゃないかと思って定義してみる。


別に意識したわけじゃないけど、自分で書いた作品のキャラにふと当てはめると、自分で納得できた。満足。
 | ホーム | 

デバッグ中。

カテゴリを作った割にはビックリするほど少ないぜ「同人」カテゴリ。

先週投げた体験版の感想を聞いたので、応急デバッグ中。半分くらいは尤もだと思ったけど仕方ない。自分でゲームやりながら「この台詞回しはどうかなぁ……」と思うところがあるけどそれも、まぁ仕方ないっちゃー仕方ないというか。気になるけど無視するってか。

東方蒼神縁起面白いです。同人ゲームとは思えないクオリティ。セミプロ?

まずは気になると言われたところの総洗い出し。もうOK確認する前にVector様に出してしまおう。動くのならゲームとして成り立つ! ただし絵がないけど! もらい物やら拾い物やら旅行の写真やら! クオリティ気にしていたら発表できんわ。
 | ホーム | 

男は価値観を語りたがる

ものらしいよ。当たってる。

というかこれといっていいタイトルが浮かばなかっただけ。

で、何の価値観を語ろうか。過去的な価値観でも語ろうか。


続きは追記でとか書こうと思ったけどじゃあ最初から書かなきゃいいんだし、人のことを考えないブログというコンセプトだからおk。

でなんだ、価値観か。

「昔は良かった」っていうのは嫌いだとか。確かそんなことを残業しながら考えてた。今よりいい昔を考えながら生きるほど年を取ってないよとか。「あのバンドはもう曲が変わってダメになった」とかいわれても、それって自分が付いていけなくなったんじゃないの? とか。価値観なんて経験でいくらでも変わるのだし。そんなとかあんなとか。纏まってない。
 | ホーム | 

姑獲鳥の夏

京極夏彦著。とっても有名な作品。今更だと思わないで欲しい知らなかったんだもの。

ミステリー小説。推理、じゃないよねきっと。うん。推理小説ってどう読めばいいか解らん。読んでいる間に容疑者やトリックを想像しながら読むものなの? 最後まで読めば主人公や他のキャラが事件を解決するからいいんじゃないの?

推理小説の疑問はさておき、たぶんこれはミステリーなんだと思う。怪奇小説ともいえる。会談怪奇伝承仏教民俗エトセトラ全てには理由があってつじつまがあう現象であってそれは結果からくる原因だったりして、全てに理由があるという話。


という考察もある1つの物語をとある角度からみたものであり、角度によって物は全て見え方が変わるものだから難しいんだよというか。だいたいそんなお話。姑獲鳥の。あるいは、うぶめの。

推理小説は前記したような理由であんまり読んでないけど、ミステリーは好き。中々面白かった。嗤う伊右衛門は以前に読んだけど、あれより好み。京極堂の偏屈具合とか。あれくらい蘊蓄を垂れ流しつつそれをストーリーに絡める話が書きたい。

姑獲鳥の夏 (KODANSHA NOVELS)姑獲鳥の夏 (KODANSHA NOVELS)
(1994/08/31)
京極 夏彦

商品詳細を見る

テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

 | ホーム | 

社会人的危機的状況

ー状況ー

残業お疲れ様です。そんな中での晩飯休憩中。そこへ先輩の社用携帯に突然の電話が。周りを見渡すとそこの島には自分1人。
普段なら問題なく出るのだが口の中にはカロリーメイト。しかも水分無し。飲み込むにはちょっとしんどい。

さぁ、あなたならどうする?

1.リバース発動
2.気合いを入れて飲み込む
3.口に入れたまま電話応対


社会人はいつどんな時にどんなピンチが訪れるか解らないのだ。口の中で原形を留めていたのが不幸中の幸いだった。
 | ホーム | 

明日からやろうと思う

小説書いてないなぁ。今月うpは難しいかも。ゲームでいいか。

今日はなんとなく気怠くて引きこもってた。おそらく風邪。薬飲んでずっと寝ていたら少しマシになった。後はひたすら蒼神縁起。さっきゅんとアリスがプレーヤーキャラってだけで購入したけど間違いなく当たり。というか、これ同人? クオリティおかしい。あと難易度も高め。ボスに初見で勝ったことないよ! その分試行錯誤して楽しい。

さぁ、これも書いたしみょんとさどりんを鍛えに行くか。
 | ホーム | 

体験版公開にむけて

おっとうっかりトップのCMを更新し忘れた。

クオリティが低いからVector様に頼むのもどうかとずっと思ってたけど、イキシアのメンバー達も公開したんだし、じゃあ俺も公開してやるよ! と触発されて一念発起。

ストーリーはもう出来てるから、単純に改行改ページ効果音を付けるだけの作業なのにどれだけ進んでないんだか。いやいやモチベーションって大変なんですよという。絵がないのは痛い。絵が描けないから痛い。神よ、どうして俺の手はこうして不器用なのですか……。

ま、無才なら他のジャンルを勉強すりゃいいんだけどね。

そう思ってゴテゴテとよく解らないプログラム的な遊びを無駄に入れまくって1人悦に浸る。楽しい。
 | ホーム | 

納得いかない

時々、家族を外食に連れて行く。今日はたまたま家族全員が同じ物(ハンバーグ)を頼み、おいしかったよご馳走様でしたと帰ってきて。

俺1人、猛烈に腹が痛い。なぜ?

日頃の行いそんなに悪かった? 悪かった……今週はレーダーに引っかかって15000収めたからなぁ。あれは酷い。


まぁ何が言いたいって、元気にやってますということです。
 | ホーム | 

東北旅行記:4-2(終)

大雨の中、角館からそれなりに近い大曲までロコに送ってもらう。警報が出るほどの大雨でした。大曲は丁度盆の帰省と大雨が激しくバッティングし、駅構内が動かない新幹線を待つ人々でごった返す異常事態。どうやら田沢湖駅で冠水した模様。お気の毒でした。

俺達は1時間まったりと過ごして平常運転してきた鈍行に乗りのんびりと雨の秋田を横断。無事に市内へ帰りました。


と、まぁ酷くムラがある旅行だった。3日目に悔いが残らないよう行ける限りの場所へ行こうという作戦は見事に大当たり。というか、相変わらず体力すげぇ。今回は盆休みもあってどこに行ってもある程度の人が居た。見たことも聞いた事もない観光地が多かったけど、地元で知っている場所や昔行った場所に行けたのも良かった。


お疲れ様。また行こうぜ!


暇になったら。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

東北旅行記:4-1

8/14 雨

とんでもない大雨。


「だめだ、今日外に出ても何も出来やしない」

ということで、急遽予定を変更。宿をキャンセルし、どっか適当な場所(秋田県内)で遊ぶことに。さぁどこいこうかと俺が適当に考え。

0814_date.jpg

角館に行って参りました。青々と茂るしだれ桜、輪郭を失う雨。じつはこの時、大雨警報が出ていました。

ロコが車で休んでいる間、俺とごろさんが武家屋敷散策。いいね武家屋敷! 昔のボンボンは良い物を持っている。資料に使えそうなあれやこれを色々見てきた。写真はとらなかったけど。

……でも、地元だし初めてじゃないからなぁ。ぶっちゃけこれ以上取り立てて書くことはないんだよなぁ。ごろさんと初めて会って楽しかったってのは写真に撮ってどうこうするものじゃないし。何とも非ブログ的。

とりあえず写真は無いけど引っ張って、次回ラスト。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

定期的毒抜き会

まぁ、近況をだらっと吐き捨てるんですけどね。

土曜は遊んできました。金曜は仕事で日曜は移動で終わったので割愛。

さいたまを案内してもらったよ! さいたまさいたま! Discrossの迅さんありがとうございます。

中二病くさい素敵なノートとシングルモルトなボールペンもレトロな懐中時計良かったよ! 手帳はそのうち使うでしょうきっと。お土産は好評でした。姑獲鳥の夏は今読んでいる最中。

上野も案内してもらったよ! 西郷さんでかいね! いや、本当に知らなかったんだ。上野公園が広いのはしっていたけど、知っているだけで実感が無かった。博物館とか美術館とかいっぱいあるからいくらでも時間がつぶせてずるいね都会。

別れた後でちょっくら秋葉原行って東方グッズ色々購入。

帰りに教えてもらった飲み屋で焼き鳥とビール。最高です!


近々の予定として、10/4~8で東京に行きます。今度は研修。詳しい場所はどこだったかな。近くなったらまた告知。


近々の状況。ゲーム公開したい。そういやイキシアでゲーム公開したよ! というか、そういうのはサークル代表が告知するものだと思うんだ! まぁそれを見て。公開していなかったのを忘れていただけともいえる。とりあえずクリッカブルマップかな。
 | ホーム | 

帰宅報告

色々書くつもりだったけどサイト更新とかしたいんで報告だけ。明日からちゃんと旅行の報告書くよ。

出張の報告はたぶんツイッターメイン。
 | ホーム | 

出張申請

9/10 仕事で高崎に そのまま宿泊
9/11 遊びで上野に そのまま宿泊
9/12 たぶん生還

というわけで都会へ行ってきます。明日は直で仕事場(というより研修開場)行く関係で荷物は最低限。余計な着替えとか入れてくわけにいかず。土曜はなんちゃって仕事着でYシャツきて都会をうろついてるよ! ふだんは作業着しか着てないけどな!

ちょっと行ってきます。
 | ホーム | 

東北旅行記:3-9

怒濤の移動編。

とりあえず一通りの写真を撮り終えて(あれ以外の写真は色々と酷かったので非公開)奥入瀬の一番奥まで行ったのがほぼ5時。お土産を買おうとして丁度店が閉まったから覚えてる。岩手で買っておけば良かったのに! 後の祭り。個人的な物を買って会社の分を忘れていた(後回しにしていた)致命的ミス。

ここでごろさんに「今から行く」と連絡。ごろさんは秋田在住。しかし秋田って無駄に広いので俺も会うのは初めて。

十和田湖から車を走らせること3時間。カーナビの到着予定時刻を1時間縮めて合流。道中は殆ど対向車とすれ違わない静かな道路を走ったせいか、やたらタイムが縮んだね! すごいね相変わらず! 秋田人いねー。

ごろさんと合流し、適当に飲み屋行って適当に就寝。市内のホテルとか使うこと無いから新鮮。それも含めてだらっと過ごす。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

東北旅行記:3-8

秋田県から十和田湖を目指し、今回最大の目的地の奥入瀬渓流へ。ここもたくさんの人で賑わっていた。時間があればゆっくりと遊歩道を往復したり自転車を借りたり何てこともできたけど、例のごとく駆け足。

0813_oira.jpg
今回一番の懸念は前日の雨で川が濁っていること。せっかくこんな良い景色の所まできて水が汚かったらどうしようかと心配していたけど、ご覧の通り綺麗な水が流れていた。綺麗な水と生い茂る木々と隙間から差し込む日光。今までにないパターンの滝。

0813_moririn.jpg
で、まぁ今まで如何に適当な写真を撮ってきたかというのがばれそうな写真ばっかりでホント申し訳ない。こういう薄暗いところで撮ったの初めてだったから採光とかピントの合わせ方が今イチ解らず目で見た景色と似ているけど何か違う写真しか撮れなかった。残念。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

東北旅行記:3-7

強行移動。

遠野を正午近くに出た俺達は慌てて東北道に。

なぜ慌てるか。目的地へ行くまでの時間が無いからだ。


岩手(今此処) -> 青森(次の目的地) -> 秋田(今日の宿)

なんというハードスケジュール。東北道を全速前進。途中で休憩を挟み、ずっと東北道。その休憩で我が秋田県代表が甲子園で憂い目を見ていたのをテレビで目撃。来年頑張れよと心の中で合掌。

東北道を途中で降りて秋田から青森へ侵入。その途中。発荷峠に立ち寄って写真を撮る。ここも公式サイトらしきものとかこの読み方の「はっか」についての記述が書いてあるものとかがないので、秋田県のサイトから。俺も知らなかった読み方。地元だから手間掛けるよ!


0813_hakke.jpg

ここから更に北上して、目的地へ。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

東北旅行記:3-6

まだまだ遠野編。今度は遠野ふるさと村に行ってきたよ!


説明しよう! 「遠野ふるさと村」とは、昔ながらの遠野の暮らしを体験できる村なのだ!

0813_mura.jpg
この写真からでも解るように、生半可な気持ちで行ったら色々と圧倒されます。まず広い。家一軒当たりが離れている。そりゃ個人が土地を持って馬を持って田を耕してとかやっているとそれくらいの広さになるよな。納得。

0813_muraie.jpg
家は千葉家と同様の直角に曲がっている構造。ここの家ではないけど、実際に馬屋で馬を飼育している家もあった。もちろんこの写真だけではなく、この村の殆どは曲がり家。甘味屋さんは曲がっていない家だった。その曲がってない家とか曲がってる家とか色々と歴史があって面白い。

けど。

いかんせん駆け足だったのであまりまったり出来ず。客商売になれたおじいさん方に絡む暇もなく。更にこの晴天で半端なく暑かった。

だからという訳じゃないけど、遠野の色んな道具はこっそり写真に収めてたり。行くなら1日ぶっつぶす覚悟で体験コーナーに何かしら申し込んだ方がいいかもしれない。今後の課題。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

東北旅行記:3-5

今度は山口の水車を見てきたよ!

0813_suisya.jpg

うん。水車が見えないね。もっと良い写真を撮れよ。確か此処の水車は動いていなかったはず。屋根のてっぺんに草が生えてて良い感じの風情を出していたんだけど、全体を良い感じで撮った写真が無かったからどうしようもない。

気付かなかったけど、近くに佐々木喜善の生まれた家があったんだってね。知らなかった。この人が柳田国男に遠野を伝えたのが全ての始まりだった気がする。一般公開してない家をみてもしょうがないし、写真を撮るのは気が引けるし。見たかったと書こうとして、やっぱそうでもないかなという気になった。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

 | ホーム | 

# カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2010年09月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


# ブログ内検索

# FC2カウンター

# ブクレコ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。