今でもたまにグダる日記

日常などをつれずれまったりと。書いてるうちに訳がわからなくなるのはもはやデフォルト。

# 最近の記事

# Twitter...A @aramasa2

Twitter < > Reload

夢の車通学

証明書が必要なのに無許可通学。月1でしか使わないのに見つかったら凹むね。

今日は日が出てたり雨が降ったりして雪が溶けて助かった。雪道で急ブレーキとか死亡フラグ。だけど慣れてないとつい踏んじゃうよね。ね? 夜の高速(開通したばかりの無料区間)は怖い。かなり。暗い。とにかく暗い。前の車まで距離があって道が見えない。秋田の高速って対面走行が多いのもある。要するに、慣れるまで怖いのです。慣れだね慣れ。
スポンサーサイト
 | ホーム | 

今月の更新のお知らせ

お題用短編の各種にリンク。雑草畑のキャラ紹介を更新。過去の更新内容を別枠に保管。だいたいこんな感じ。久々だったから更新の手順を軽く忘れたのはナイショ。

しかしこのサイト、2005年の更新内容まで保管してあるんだよね。ということはそんな昔からやってやっと5年目。なのに10000ヒットしかしていないのは、どう考えても俺のPR不足。だって面倒。ほんと、適当である。

まーいいか。気にしてないし。きっとまたいつか模様替えして過去の歴史をなかったことにしてしまうだろう。面倒だけど。そんな時間とれっかな?
 | ホーム | 

仮更新

アップはしたけどリンクその他はまだなので。

新作はこちら

前々からいってたお題ネタ。普段の半分以下なのにかかった時間は普段の倍。あーあ。やっぱりテレビがあるところで集中しろって方が無理だね。すっげー気が散る。つーか仮更新でアドレス直張りするよりちゃんとリンク張ったほうが手間にならなかったかもしれない。でも、今日もなんだか疲れた。時間ねーな。これでバイトしてるよりは時間がとれてる計算なのにおかしい。
 | ホーム | 

あとはHTMLにするだけ

変更内容は学校でメモしたけどそういえば壁紙の事をすっかり忘れていた。という訳で明日には上げる予定。たぶん誤字も無いし。

それとは別でキャラ紹介の書き換えの関係で過去の話を読み返すと、なんかやっぱり荒が目立つ。去年の話でも。つーか設定がちげぇ。これは整合がとれない、やばい。指摘する前にこっそり変更してしまおう。なーに、誰も気付かないって。

書きたい内容はあるけど筆が遅いのは仕方ないね。
 | ホーム | 

ニコニコすら引退?

ぶっちゃけ家じゃ見ることなくなったというか殆ど見れない。スペック足りなくて。エコノミー涙目とかそういうレベルを超えてる。エコノミーすら読み込めない。うーん。

そもそも毎回毎回常に仮想メモリフル稼働ってどーよ。何が悪い? 年期? 年期か。

買い変えたいけどその前にその前にその前に……とかなり続く物があるからなんとも。そこまで新しいのが欲しいとは思っていない節有り。キーボードが吹っ飛んだりしない限りはないかな。ノートだし。むしろキーボードクラッシュしたら致命的すぎるから絶対に買い変える。泣く泣くだとしても。
 | ホーム | 

最終稿完成

形式変えたり口調変えたり結末変えたり色々と落ち着かなかったけどようやくまとまり。2日くらい寝かしてから推敲してあげれば丁度月末かな。普段の半分しか書いてないのにこんな時間かかったのは、やっぱり見通しを立てないで書いたからだとしか。プロット大事。間違いない。

それと同時進行で、雑草のキャラ紹介にもちょいちょい改訂中。モブがまとめられていると何かと楽だよね、長編を読む分には。誰だこいつ? いつ出たんだ? みたいなキャラ。ただでさえ月一というか同時並行作業で月一以下になってるし。2年くらい出番無しとかもいるはず。作者はキャラのメモを思いついたときに思いついた限りを全部書き留めているから忘れるって事はないけど、読者も一緒だと思い込むのは駄目だね。
 | ホーム | 

今月の更新どーしよう

どーしようって言われても、ねぇ。

ぶっちゃけ短いから短編として出すのはどうかと思うのが今回の問題。しかも小説書いてる時間よりアルテイルやってる時間の方がずっと長い。そんな息抜き期間。

溜めてる分はあるんだけど、推敲とHTMLがまだなんだよね。

とりあえず、そろそろ推敲がんばろう。
 | ホーム | 

眠い

今日は本当に体の具合悪いんでもう寝ます。おやすみんさい。
 | ホーム | 

ブログの価値

コレが出始めた頃は、昔あったテキストサイトを手軽に書ける物だと思ってた。侍魂とかの。ネット黎明期。今でもそこら辺の認識は大差ない。HTML打ち込んでやるより楽だしね。

ブログの存在理由は二通りあると思う。
・見られるため、注目されるため、読まれる事を前提とした外面表示
・書くため、書きたいための内面表示

前者の場合はアフリエイトなりブログランキングなりでトップを狙うために「人が読んで面白い」記事。態勢を繕って写真をふんだんに使って大っぴらに公開するタイプ。

後者はミクシィとかのSNSでよくある、「知り合いに読んで貰いたい」記事。日記なんて最終的に人に読んで貰いたいから書くんじゃないの? でも読まれたくないジレンマ。

俺はそんな読まれて困る記事は書かないけどね。大っぴらにしている以上。それこそブログがこれだけ普及したのは、何だかんだ言って人はどんな形でも自己主張したい生き物って事の表れだね。
 | ホーム | 

バグとり

論文を書くためにLATEXを使用。直接タグ打ち込んでやって数式が書ける優れもの。

いや、否定はしない。しないけど。

)と}を打ち間違えたのに気付かないで1時間ほどバグ取り。

秀丸のマクロ使えば便利なんだろうけど、マクロ作る所からと考えると、うーん。本当は今の内になるべくがんばって遊びに行く余裕が欲しいんだよね。意地でも。今度から速く学校行こうかな。つーか2月は土日出勤も辞さない覚悟。
 | ホーム | 

そろそろ本気出す

いや、フラグじゃなくて。マジで。

発表が近い。ということで教授と話をしながら本気で論文書いてます。えぇ本気で。2時間くらいニコニコ見てても3時間は論文書いてるから大丈夫。たぶん。

だけどそろそろ後々が楽になるようにもーちょい動き始める必要アリ。冗談抜きで。3月は楽したいな。

そんな悩みの尽きない20代。悩みってか、集中できないだけ。
 | ホーム | 

リライト中

なんか書いてて気にくわなかったので後半部分をカットして書き直し中。最初は特にこれといった面白みもない所に軟着陸させるつもりだったけどそれってワインやドメストをバッサリ殺してる面白みもクソもないので俺が面白いようにリライト。

具体的には皮肉3割追加。

やっぱり小説を書くときには皮肉がないと。その時に面白いと思った物を取り入れるのは当然だけど、その時に苛ついた事とは関係ないけどふっと書きたくなった皮肉を入れてるのも当然。

問題は、皮肉をまとめても話はまとまらないくらい。
 | ホーム | 

思う所が色々と

思う所ってか。

出費のアテが。

バイトを1月で辞めるって言っちゃったのはいいけど、2月に旅行へ行くとしたら資金に不安が。1回だけなら問題無くても、もう1回行くかもしれない。車を買う事を考えれば出来るだけ出費は抑えたい、けど旅行はいいよね。

東京には行きたい。オフ会したいってのもある。あるけど、そこで経費を抑えたくない。

財布の問題ってのは痛いね。

じゃあバイト続ければってなるけど。こればっかりは、バイトで疲れたくないので却下。体力的ではなく精神的に。追いつめられるのは弱いし苦手だし慣れてない。今後の予定が見えていないのもある。

簡単に卒業できるほどの余裕があれば悩まないんだよね。
 | ホーム | 

モチベ低下中

時間はある。あるけど書こうという気にならない。まぁ強制されてることじゃないし、焦ってやる事でもないし。強いて言うなら。

テレビがうるさい。

でも寒いのよりはマシなんだよね。限りなく気が散るけど。んー、問題。アジカン回しながら作業するか。
 | ホーム | 

左肩に違和感

左二の腕上部分が筋肉痛。四十肩? 二十代だよまだ。普通にしていれば問題ないけど、腕を上げたりして筋を伸ばしたときに筋肉痛のような痛みが。これでベンチプレスしたら死ぬな。首が捻挫して右手痺れたときと同じような感じ。

困るほど痛くは無いけど、腕を上げるたびに思わず舌打ちが出るのはやばいな。明日がバイトなのに。それに極端なテンションのダウンが困る。明日も通しが確認された。
 | ホーム | 

止まったものは仕方ない

駅まで行って電車を諦めバス停に向かったら。

バスを乗り過ごした。

2時間待ちで心折れた。

あーあ。センター試験監督とかで先生いねーんだよね。ある程度出来たかどうかを途中で見せないといけないのに。書かないと進まない。でも見せられない。ジレンマ。いろんな事を聞かないといけないのに。ばやい。でも寒いししょーがない。動かないんだもの。
 | ホーム | 

シーン先行かキャラ先行か

小説を書くときに大体別れるのがこれ。「状態を書きたいためにキャラを合わせる」のか「キャラを作った結果その状態が産まれた」のか。こればっかりは人によって千差万別だから面白い。

ちなみに俺は圧倒的に後者が多い。

ただし、テーマが与えられると前者で書く必要がある。既存のキャラを使う事も多いけど、どうもシーンに合わせてキャラを作るとちぐはぐに。今回もそれで難航。

例えば人によっては「山場から書く」「結末から書く」「冒頭から書く」等々とこれも本当に意見が割れるけど、俺は冒頭から時系列順に書かないと気が済まない、というか書けない。読みながら書くというか、それが一番齟齬がないから。どうも、書いている内に書きたい内容が激しく変わるせいで、最初から真ん中を書いちゃうとその真ん中に合わせて前側を終わらせる必要が出る。それが出来ないから、なんかちぐはぐ。

おかげで今回、すっげー短いのに、

真ん中→後→前→真ん中(整合)→後(整合)→前(整合)

なんて遠回り中。どっちかというとキャラを動かして遊ぶ方が楽なんだよね、俺。これはこれでいい経験になったし、「難しくて面倒で慣れない」ということを自覚したのはいい収穫。後は綺麗に落とすだけ。
 | ホーム | 

腰痛の元凶

今の椅子、深く体重を預ける事が出来ない。というのも、居間で使っている椅子はかれこれ10年を超えているせいか、思いっきり体重を預けたら背もたれが外れた。前に。一応接着剤で止めたけど、はめ込み式だとは思っていなかった。今使っているけど、思いっきり預ける事は出来ない。無いよりはまし程度。常に前のめりな感じでノートを使ってカタカタとブログや小説を執筆中。

ここ最近になって急に酷くなったけど、原因は姿勢にあり。大きめのしっかりしたやつだからひっくり返らないと思ってかなり雑に扱ってきたから、しゃーないっちゃしゃーないね。でもこれ、やってるときはテーブルに体重預ける事多いから、今度はテーブルがやられるかも。

そりゃないか。
 | ホーム | 

久々にゆっくり

夜の話。こう書くとなんかエロイ。

ここ最近というかずっと閉店まで残っていたけど、今日は昼から出て夕方には帰れた。夜に帰るとやる気が失せて小説とか余り進まないけど、今日は久々に進んだ感じ。進んだといってもなんだか小説なんだか短編なんだかSSなんだか良く解らないものと称するのが正しいかも。お題3つで話脹らますのは簡単だからこそ、簡単に短くまとめたいと思っている。

でも、ブログに載っけると大きすぎるんだよなー。一度HTMLにするしか。でもそうするとホームページに載っけたくなる。なるけど、うーん、どっちかというとWEB拍手お礼用にキープの方がよさげ。でも今月更新の内容が決まってない。キープネタがいくつかあるからそこから取り出すのは確定だけど。

ま、月末に考えよう。
 | ホーム | 

ガタガタ

なんか体が痛い。レジにさほど入ってない分かなり必死に品だしをしたら腰と膝と太股がやられている。膝は昨日何かに膝蹴りをかましたらそれいらい痛くなった。何に蹴り入れたんだっけ。ダンボールみたいな柔なやつじゃなくて、思いっきり固い奴にその気無しに膝をぶち当てたら意外と痛い。

そして今に至る。

背中も膝も要所要所で痛いってのはあるけど、全身満遍なくやられてると溜息ばかりでる。年か? 年か。あーあ。体力落ちたな。色々な意味で痛い。
 | ホーム | 

土踏まずが痛い

これはたぶんスニーカーが悪い。悪いというか、古い。結構使っているからか。殆ど毎日使ってるし仕方ない。

それとは別に、Gパンのチャックが壊れた。あーあ。

壊れてるなと薄々勘付いていたんだけど。今日。やっぱり壊れていた。3回くらいチャック上げたよ。どうせならはきつぶすくらいにしたかったのに。最近買ったやつじゃないからいいけど、そこまで古くないから切ない。

人に指摘される前でよかった。そう前向きに思わないとやっていけない。
 | ホーム | 

アリソン3

上下巻を同時に購入したので上下巻を通しての感想。

この人は「キノの旅」に代表されるシリアスから壊れまで幅広い世界を書き分け出来るのが強みだけど、丁寧に張った伏線やミスリードもかなり上手い。アリソン最終巻だけあって、今まであった何気ないものからでっかい物まで殆ど丸ごとひっくるめて回収したのはお見事。

この人も割と背景描写をしっかり描く人。ただし会話のテンポは速いからさくさく読める。基本的にミスリードだらけなので、どうしてももう一回読みたくなるような、そんな本。これはアリソンシリーズ通しての共通。

上巻で薄々気付いた黒幕的な展開は、ぶっちゃけ2割くらいしか当たってなかった。これはやられたね。そこが面白い。

上巻では「箇条書き」下巻では「よせがき」が巻末に。時雨沢恵一名物。

リンク張ろうとしたらエラー出まくったので妥協。
 | ホーム | 

本格始動

とりあえず今月内に作ったプログラムの概要を書き上げて発表原稿を書き上げる。でないと遊びに行けない。

なのに。

過去の先輩の資料を見たけど、役に立つのかなぁ?

全く別の研究内容だから、とりあえず「理屈」を何とか他人に解るように説明する必要がある。

でも、その理屈が解らないんだよね。あーあ。とりあえずそれっぽい事を書いてダメ出しを貰おう。
 | ホーム | 

マブラブ6

オルタネイティブ編、全武ちゃんのトラウマ事件直後から佐渡島に突っ込む甲二十一号作戦直前まで。マブラブ全編を通して一番凹むであろうシーンを小説にすればどうかというと、かなりいい感じに。やっぱり多少は端折っているけど加筆している場所もあったり。

これ、下手に書くと核心すぎるネタバレの巻だから下手に書けないんだよね。追記は面倒だし。

ゲームと違って絵がないけどその違和感はない。ただし、原作を知っている上で買っているから何も知らないで買う人はどうなんだろうね。原作をやった上で本が好きならオススメ。グロイというか、とにかくえげつない巻なのでそーいうのが嫌なハートフル専門の人はおかえりください。

あまりツッコミを入れないのは、あくまで武が『普通』の思考で動いているから、だと思う。そりゃそうだ、のオンパレード。設定に対するツッコミなら3巻ぐらいから延々と続ける必要があるけど、一応ロボット物なので。元はエロゲ? だけど。SFにツッコミを入れる人もおかえりください。

リンク張って気付いた。表紙の方々は空気です。

マブラヴ〈6〉ALTERNATIVE流転 (集英社スーパーダッシュ文庫)マブラヴ〈6〉ALTERNATIVE流転 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/11/21)
北側 寒囲アージュ

商品詳細を見る
 | ホーム | 

ケーブルクラッシュ

普段は自分の部屋でパソコンを使うのだけど冬の間は居間で使用中。その居間にいるときはLANケーブル繋いでやっているのだけど、つい最近留め金部分にヒビが入ってすっぽ抜ける事件発生。そのまま我慢していたら中の配線も無理していたらしく、殆どデータのやり取りが出来ない状況に。

これは酷い。

そんな訳で上で使っているのを持ってきたけど、若干短いから机に対し45°の不安定な置き方にせざるを得ない。やっぱりノートは書き物専用で割り切る日が来たか。デスクはあるけどスピーカーが逝ってるおかげでニコニコが見れず。クラッシュが怖いのでネットも無茶できず。とりあえず明日からはデスクを使おう。あーあ。
 | ホーム | 

心を読むキャラ

昨日に続いてコラムというかなんというか。だいたい、ザックリ分けて2通りいる。俺の知ってるキャラでいうと

・自分の能力に苦悩し、多くを語らない(マブラブの社霞)
・自分の能力を披露し、周囲を巻き込む(クビキリサイクルの姫菜真姫)

上のパターンは概ね読者に受け入れやすく、下の場合は掴みにくい人として書かれる。

今回書きたいのは、下の場合について。

このキャラ、「異能」という個性以外にも重要な役割を持っている。

「普段は語られる事がない他者の内面をわざわざ口に出す事が出来る」点である。

これさえあれば語られる事のない過去だろうが秘めたる思いだろうが全部お見通し。何より、物語をさほど破綻させないで唐突な過去話などが出来る、便利な役割なのだ。普通、作者は理論的だろうが感覚的だろうがキャラの感情は感じ取っているし過去を決めるのも作者だから、この手のキャラから語られる事は神である作者の言葉に等しい。能力故に『読めない』ことはあっても『間違えている』ことは少ないのも特徴。この点を利用した小説も探せばありそうだけど割愛。

で、便利屋のパターンになると大抵そのキャラは「読めない」キャラとなる。その方が作者的に都合がいいのだ。これで感情移入できるような設定となるともはや陰鬱な設定が定番となってしまうので、どうしても泰然とか飄々とかいう方向に走る。

別に心が読める超能力じゃなくても、人の心に機敏な天才でも何でもいい。天才だったら概ね性悪で共感が全く持てないか、出尽くされた陰鬱な過去かに別れる。とにかく過去の例を挙げるときりがなく、この手のキャラのデザインは非常に難しい。

……で、何が書きたかったんだろう。
 | ホーム | 

天才というキャラとは

一般論とかどうでもいいけど、とりあえず「多才」で「アホ」で「バカ」で「奇才」な人を俺は天才と呼んでいる。全部当てはまる人なんてニコニコにいくらでも転がっているしね。

さて、これが小説となるとどうなるのか。「天才」というキャラは大概において「異端」で片付く。もっと詳しく書くと
・人と合わない
・他のキャラが知らない知識がある
・調和しない

例外は含む。で。

・知識を披露しないことが多い

あくまで多いってだけ。ただ、これが「天才」という「キャラ」を作っている。天才を見た事あるって人の方が絶対的に少ないはずなのに、何でこんなイメージが一人歩きしたのだろう。おおむね頭イイやつって鼻持ちならないのかな。

別に意見する訳じゃないけど、昨日読んだ西尾維新でも同じ事がいえるキャラがいる、と思った。ただしうざったい読者に「文章」を用いて「具体的」に「天才」を書き表す事は到底難しい。絵画や料理の善し悪しを文章で表現するのは至難である。数学の天才とかもう、ね。

で、ここまで書いておいてあれだけど。

「天才」という「個性」も所詮は髪型の特徴と同じレベルでさらっと流れるからどうでもいい。

長くなったので、心を読むキャラについての批評は次回。
 | ホーム | 

クビキリサイクル

嫌いじゃない本。好みではない。

分類上はミステリーとか推理物に分類されるであろう本。自慢じゃないけど推理小説を殆ど読まない俺はこれが『推理小説』としてどのくらい面白かったかは解らない。単純に読んだ感想としては面白かった。

しかしこの本、無茶苦茶である。伏線を有り得ないほどばらまき、その1/4を何だかんだでうやむやにし、その事が読者に気付かれないようになっている。最初から続刊を出すつもりで応募したのか、そのつもりではなかったものを編集によって加えたのか。どちらにせよ、これがデビュー作というのだから凄い。

以下、ネタバレ含む用件につき反転+追記。




クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)
(2008/04/15)
西尾 維新

商品詳細を見る
続きを読む »
 | ホーム | 

今年の目標

・登録サイトに更新情報を流す
・ブログのレイアウト変更並びにタイトル変更
・クビキリサイクルの感想を書く
・「ドメスト」「赤ワイン」「混ぜる」を使ったSS
・ぜってー西尾維新の影響を受けるだろうな
・一応ゲームの方のブログも更新
・またこっそり書いていたファンタジーの公開準備
・死なない
 | ホーム | 

# カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2009年01月 | 02月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


# ブログ内検索

# FC2カウンター

# ブクレコ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。