今でもたまにグダる日記

日常などをつれずれまったりと。書いてるうちに訳がわからなくなるのはもはやデフォルト。

# 最近の記事

# Twitter...A @aramasa2

Twitter < > Reload

春が通り過ぎていた佐渡旅行記:3-8

清水寺といえば京都だが、なんと佐渡にも清水寺があった。こちらは「せいすいじ」と読むらしいのだが。

参道と山門。狭いながらも厳かな作り。
150501_8_1.jpg

当然ながら京都の清水寺を強く意識したこのお寺は、なんとかの有名な清水の舞台まで作っている。それがこの観音堂。周りの木々の背丈が高くて舞台がいまいち見えないところまで本家のトレース、らしい。旅行中のメモにそう書き残しているのだが、いざ帰って調べてもこの情報のソースがちょっと見つからない。
150501_8_2.jpg

それはそれとして、視線を感じて振り返ったら木彫りの像だった。写真に納めるの忘れたが。

土倉や本堂もしっかりしていて、へんぴな場所にある穴場スポット。ここも妙宣寺とは別の意味で小綺麗。
150501_8_3.jpg
スポンサーサイト

春が通り過ぎていた佐渡旅行記:3-7

東北にいる限りは中々見ることの出来ない棚田が、何と佐渡にあった。小倉千枚田である。

車で向かうと大きい通りにも看板が出ているので、迷うことはない。ないのだが、かなり急な斜面を登っていった先で唐突に現れた、という印象だ。看板に書かれていても、見るまで半信半疑だった。まだ水を張り出したばかりのようで水のない田んぼもあったが、あまり見ることのない千枚田は面白かった。
150501_7_1.jpg

が、それ以上に暑かった。標高が高いから日差しが強く、風がほとんどない。青々とした風景に段々と連なる田んぼはいいんだけど、あまりそれどころじゃなかった。でもせっかくなので色々撮った。
150501_7_2.jpg

せっかくなので雨蛙。
150501_7_3.jpg

春が通り過ぎていた佐渡旅行記:3-6

長谷寺、後編。色々と気を引いた物が多いお寺だった。

150501_6_1.jpg

階段を上った先の本堂は立派だったけど、五輪の塔も中々良いものだった。近くで見ると正面が朱塗りでなかなかのインパクト。

150501_6_4.jpg
150501_6_5.jpg
庭ではウサギを放し飼いにしていた。看板を見るに、雑草を食べるようにトレーニングしているらしい。そこそこ近いところで撮れた。飼い主募集中とのこと。そのつもりがなくても見ているだけで癒やされる。

150501_6_3.jpg

庭に咲いた牡丹(のはず)の花。これが一番きれいだと思います。

春が通り過ぎていた佐渡旅行記:3-2

大膳神社から少し車で走った所にある妙宣寺は、門をくぐる前から眼に入る五重塔が印象的なお寺だ。

150501_2_1.jpg

その塔がこちら。周りの青々と茂る紅葉も大きいのだが、これも負けず劣らず大きい。写真に収めるため、ずいぶんと後ろに下がった記憶がある。

150501_2_2.jpg

今回はGWの中でも平日の穴場を狙ったため、有名な観光地でもあまり人を見かけなかった。参道から門まで無人の写真なんて中々取れないのにこの通り。まるで旅行雑誌みたいだ、と撮ったときは思ったけどなんかちょっと曲がってる。難しい。

150501_2_3.jpg
150501_2_4.jpg

ここのお寺は広い敷地と短く刈り揃えられた芝に、数は少ないけど大きな木が転々と植えられているものだ。上の写真を撮った門をくぐると、視界が開けて拝殿や大きな木がぱっと眼に入る。それでどうにかこの木を一枚に収めたかったけど、縦にも横にも大きく後ろにも下がりきれず。色々と大きい物が大きいお寺だった。

春が通り過ぎていた佐渡旅行記:3-1

2015年5月1日(金)

大膳神社という立派な神社が佐渡にある。ここの能舞台が有名で、佐渡に現存する中で最も古いそうだ。ネットで調べると1846年に再建されたらしい。170年ほど前からあると知ると、やっと凄い物を見たんだと今更ながら実感する。
150501_1_1.jpg

その能舞台がこちら。茅葺き屋根が特徴的な、大きくて立派な舞台だ。奥に続く通路(このサイトによると、「橋掛かり」)が長く伸びて続いている。カメラに入らなかった。朝ものんびりしていたので、日が高い。
150501_1_2.jpg

舞台に描かれていたのはこちら。能楽に詳しい人なら解るのだろうけど、明るくない俺が見ても
「あー立派な絵だな。違いとか色々在るんだろうな」
くらいの印象。
150501_1_3.jpg

舞台の周囲は芝が短く揃えられ、景観が整えられている。神社もこのように立派な物だったし、舞台だけでも中々面白い観光スポットになっている。あと、近くにある山というか森を歩いていたら雉みたいな鳥がサッと走り去っていった。色合いが地味な薄茶色だったし、たぶんメス。

# カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


# ブログ内検索

# FC2カウンター

# ブクレコ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。